tsumugu、その先へ


もう2週間が過ぎましたが、先日、風の子スクエアのtsumuguメンバーさんの研修に一緒に参加させて頂きまさした。

 

今回の目的地は、桑名の播磨にある就労継続支援B型事業所でカフェを運営されておられる「しおさい」様、そして、津の三重県総合文化センター内にある「Cotti菜」様で、こちらは三重県のステップアップカフェ運営事業として、県民の皆様への障害理解や啓発を目的として運営されておられるそうです。

 

まず、しおさい様へお伺い致しました。

メンバーさんは皆ドリンクを注文されていましたが、しおさい様の利用者さんによる感じの良い自然な接客サービスはとても勉強になったと思います。

せわしなく動き回ってしまい、すみませんでした!

 

Cotti菜様は主に来庁者で賑やかなレストランです。私たちが着いた頃は完全にお腹もペコペコで、研修モードも薄れ、皆んなでワイワイ食事しに来ましたモード。

でも、こんな楽しいひと時を過ごす事ができたのもこちらのお店のチカラだと思います。

そこは押さえておきたいポイント。

 

最後にちゃんと、接客サービスを担当されていた利用者の方に貪欲に質問をして学びとしておりました。

 

日頃からご愛顧頂いている「tsumugu」は、来年2月21日で閉店をします。

 

その後、もう一度このメンバーさん主体のチームで新しいお店づくりに再挑戦していくつもりです。

tsumuguの経営モデルからその先に「本人たちが出来る事」「本人たちしか出来ない事」探しの旅に出ますが、今後とも相変わらず、温かく見守って頂きます様よろしくお願い致します!

 

 


« »