🌸十四山茶房花笑み、明日オープン!


随分、お久しぶりとなりました。

 

コロナ禍にあって風の子においても苦しい状況が度々襲ってまいりますが、悪いことばかりではなくて平時では考えられない有利な国のコロナ融資などの制度を活用し、売上減少を補って余りある返済負担の軽減という恩恵に預かっています。

 

資金ショートの心配がないこの千載一遇の猶予期間を無為に過ごす愚を犯してしまうわけにはいかないので、10年、20年後の企業価値を高める未来への種まきとして、将来大きな花を咲かせられるような新事業を「花笑み」と名づけ着実に行っていく考えです。

 

 

🌸十四山茶房花笑み

 

十四山総合福祉センター内の厨房食事室を、風の子スクエアの施設外支援で請け負わせて頂く方向で明日11月12日にオープンします。

 

現在、就労Bで飲食店2店を経営していますが、公共施設内での営業は初めての挑戦となります。

 

出店する機会を与えてくださった皆様に厚く感謝申し上げます。

 

お話を頂戴してから数えて3週間、内装工事に今日まで3日間と超特急の準備期間でしたが、店内から三ツ又池公園が一望できる絶好のロケーションで、メンバーさんが活躍するステージの準備、お客様が花笑んで寛いでいただく準備は整いました!

 

 

床をヘリンボーン柄のクッションシートに、テーブルを窓に合わせてラウンドテーブルに変えたら、デイサービスさんの食事室だった場所がオシャレになりました!

 

 

デイサービスさんが撤退したままここも閉鎖してしまったら街が寂しくなるだけなので、灯りを入れて活気を取り戻します!

 

🌸風の子びれっじ花笑み

 

弥富市前ヶ須西勘助に開所致しました。

パディー駐車場横、弥富市役所も海南病院も徒歩圏内です。

来年3月までは弥富市平島の多機能事業所の三密回避の為の活動分離と、夕方は日中一時支援のヨジカラクラブとして使用します。

来年4月からは地域活動支援センターとして活動する予定です。

生活介護と就労Bの中間サービスを持たなかった風の子の弱点を地域活動支援センターで補い風の子たちの新たな進路先となります。

 

 

今はまるで和風旅館^ ^

こちらも空家の利活用です。

 

 

🌸風の子ハウス花笑みI、II

現在申請中の補助金は来年3月に採択されるか否か判明致します。

ただ、今回は採択されない場合でもグループホームの建築は前に進めます。

風の子びれっじ鎌倉、スクエアの駐車場に建築し、再来年春に男性向け10名定員で開所する予定です。

 

 

「花笑み」は「令和」と同じく万葉集から。

店名でよく使われる大和言葉ですが、良い名前に出会いました。

 

 


« »